紙の見出し素材71

少人数の結婚式は気持ちが伝わる

結婚式は一生に一回のものだからたくさんの人を呼んで壮大な結婚式にしたいという想いはずっとあったんです。
けれども自分がいざ結婚式をするとなるとやっぱり考え方は変わって…。
想いが伝わる結婚式にしたいと思い始めるようになりました。
今まで友人の結婚式には何度か参加したことがあったのですが、その結婚式はいずれもたくさんの参加者の元で壮大の結婚式でした。
けれども人数が多い結婚式だと、すごく気持ちが伝わらないというか、想いが届かなかったのです。
結婚式は本来であれば出席してくれた人と新郎新婦がそれぞれありがとうおめでとうと想いを伝えるべきではないといけないと思います。
なのでわたしは少人数の結婚式をすることにしました。
少人数の結婚式は一人一人が近いので想いが伝わる素敵な結婚式でした。

紙の見出し素材71

年賀状で手軽に結婚の報告を

結婚すると結婚式や披露宴でお披露目のパーティを開きますが、式に招待しなかった知人や友人へお披露目をすることも大切なことです。
そんな時には、年賀状でお披露目を兼ねるのも一つの方法です。
新年のお祝いとあわせて自身の転居や改姓を手軽に周知することができます。
結婚式に招待していた人には、列席への感謝の気持ちやその後の現状を伝える貴重な連絡手段ともなります。
また、招かなかった人へは、純粋に結婚の報告をすることができます。
新年早々に式をした場合は、次の年の年賀状では時間が経ちすぎて良くない場合もあるので、その点は季節のご挨拶を兼ねてもっと早くに手立てを講じることも必要です。
式をしなかったという人でも、手軽にお披露目ができる良い機会です。